Kindle端末のWiFi規格が古くてルーターに接続できなくなる

ちょっと前に自宅のWiFiルーターをELECOM WRC-X3000GSに変えました。

いまいちスピードが出ない状況だったので、WiFi 6対応の最新版にしようという意図です。

設置後、ネットに繋げてみると、50〜60Mbps程度しか出なく、これではルーターを変えた意味がないなあ、と思って色々調べていたのですが、どうやら、2.4GHz帯と5GHz帯を同時に使っていることが原因と判明。端末側でうまく2.4GHz帯と5GHz帯を切り替えてくれればいいのですが、思うように行きません(この辺りは全く私の知識不足ですが。。)。

そこで2.4GHz帯はオフにして、5GHz帯のみ利用する方式に変更しました。

Wi-Fi(無線LAN)規格最大通信速度周波数帯
IEEE 802.11a54Mbps 5GHz
IEEE 802.11b 11Mbps2.4GHz
IEEE 802.11g54Mbps2.4GHz
IEEE 802.11n300Mbps2.4GHz/5GHz
IEEE 802.11ac6.9Gbps5GHz

ちなみに2.4GHz帯は到達距離優先、5GHz帯は速度優先という特徴があります。

上記の方法を試してみたところ、無事200Mbps以上のスピードが出るようになり、喜んでいたのですが、KindleがWiFiに繋がらなくなってしまいました。。

これも調べてみると、Kindleの対応しているWiFi規格は、「802.11b、802.11g、または802.11n (bまたはgの互換モード)」なんですね。

つまり、2.4GHz帯がオフだと、KindleはWiFi接続できなくなってしまうという。

Amazonの公式サイトを見てみたんですが、PaperwhiteOasisのいずれも最新版でも「802.11b、802.11g互換の802.11n」までしか対応してないんですね。

Oasisは対応規格が「802.11b/g/n」という表記になっていましたが、おそらくnは互換モードではないかと。私の持っているモデルは2017年版なのですが、2.4GHz帯をオフにするとWiFiに繋がらなくなりました。

どうするか悩んだんですが、最終的に接続速度を取ることに。

少し古いルーターを残して、2台運用することも考えたんですが、Kindle PaperwhiteやOasisは現状ほとんど使っていないので、まあいいか、と。

とりあえず備忘的に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA