KindleのDRM解除のためにmacOSをダウングレードしてみた

以前の記事でmacOSをBig Surにしたら、これまで利用できていたKindle のDRM解除手順が使えなくなる件について書きました。

その後、そのままDRM解除は卒業しようかと思っていたのですが、M1チップ搭載のMacBook Airを購入したことで、古いMacBook 12″(Early 2016 / 1.1 GHz Core m3)が余ってしまったので、これをDRM解除用マシンに仕立てることにしました。

まず仮説として、Mac版 Kindle アプリを1.23までダウングレードすれば、DRM解除できるKindleファイルが抽出できるのではないか、と考えました。

Mac版のKindle 1.23は32ビットアプリなので、32ビットアプリが利用できるmacOSまでダウングレードする必要があります。該当するmacOSは「Mojave」になります。現在の最新macOS「Big Sur」からは2世代前ですね。

macOS – Wikipedia(歴代macOSの解説あり)

まずはMacBookを初期化します。Early 2016の初期OSは「El Capitan」でした。早速、ディスクを初期化してインストールしようとしたのですが、インストール開始後に「インストールできるパッケージがありません。」とメッセージが出て、インストール開始画面に戻ってしまうという無限ループになってしまいます。

この問題は、こちらのページを参考に解決することができました。

「Mac El Capitanインストールエラー無限ループ」MarkTのブログ | MarkTのページ – みんカラ

日付をいじるとインストールできるとか謎すぎる制限と思いますが。。

ともあれ、無事インストールが完了し、とりあえずKindle 1.23とepuborのDRM解除アプリが動作するか確認しました。結果としては、無事DRM解除に成功しました。仮説は正しかったということですね。

ちなみにMac版のKindle 1.23は下記のページから入手できます。

Kindle for PC/Macを旧ヴァージョンにダウングレードする方法 » Epubor

このまま運用しても良かったんですが、El Capitanは2015年リリースのBig Surから数えて5世代前のmacOSということもあり、サポート状況が微妙(※)なので、Kindle 1.23がギリギリ使える(32ビットアプリが使える)Mojaveまでアップグレードすることにしました。

※Mac App Soreのレイアウト崩れやiCloudの同期がうまく行かないなどの不具合が散見されました。

AppleのサイトからMac App StoreのMojaveダウンロードページにアクセスして、Mojaveをインストールします。

インストール完了後、DRM解除を試したところ、El Capitanの時と同じくDRM解除に成功しました。

今後は、DRMの解除はMojaveインストールのMacBookで行い、DropBoxなどで解除済みファイルの共有を行おうと思います。

Kindle Paperwhite、Oasisが何世代目か調べる方法

前の記事でKidle端末が最新のWiFiルーターに繋がらなくなる問題を書いたんですが、そもそも持っているKindle端末が何世代目なのか?(対応WiFI規格は何なのか?)を調べる必要がありました。

ネットでちょっと調べてみましたが、意外と情報が少なかったので、備忘的に書いておくことにしました。

まずKindle端末でシリアル番号を調べます。

設定>すべての設定>端末オプション>端末情報

シリアル番号が表示されるので、それを確認します。
手元のPaperwhiteの場合、G000 T613 XXXX XXXXでした。

次に下記のサイトでこのシリアル番号がどの機種に該当するのか調べます。

MobileRead Wiki – Kindle Serial Numbers

上記のPaperwhiteはシリアルの先頭が「G000T6」なので、「Kindle PaperWhite 4 (2018) WiFi, 32GB」であることが分かります。

よく言う「何世代目」かは記載がありませんが、発売年が分かれば世代はすぐに判明すると思います。

外観で見分ける方法などもネットでは散見しましたが、おそらくこの方法が間違いないかと思います。

Kindle端末のWiFi規格が古くてルーターに接続できなくなる

ちょっと前に自宅のWiFiルーターをELECOM WRC-X3000GSに変えました。

いまいちスピードが出ない状況だったので、WiFi 6対応の最新版にしようという意図です。

設置後、ネットに繋げてみると、50〜60Mbps程度しか出なく、これではルーターを変えた意味がないなあ、と思って色々調べていたのですが、どうやら、2.4GHz帯と5GHz帯を同時に使っていることが原因と判明。端末側でうまく2.4GHz帯と5GHz帯を切り替えてくれればいいのですが、思うように行きません(この辺りは全く私の知識不足ですが。。)。

そこで2.4GHz帯はオフにして、5GHz帯のみ利用する方式に変更しました。

Wi-Fi(無線LAN)規格最大通信速度周波数帯
IEEE 802.11a54Mbps 5GHz
IEEE 802.11b 11Mbps2.4GHz
IEEE 802.11g54Mbps2.4GHz
IEEE 802.11n300Mbps2.4GHz/5GHz
IEEE 802.11ac6.9Gbps5GHz

ちなみに2.4GHz帯は到達距離優先、5GHz帯は速度優先という特徴があります。

上記の方法を試してみたところ、無事200Mbps以上のスピードが出るようになり、喜んでいたのですが、KindleがWiFiに繋がらなくなってしまいました。。

これも調べてみると、Kindleの対応しているWiFi規格は、「802.11b、802.11g、または802.11n (bまたはgの互換モード)」なんですね。

つまり、2.4GHz帯がオフだと、KindleはWiFi接続できなくなってしまうという。

Amazonの公式サイトを見てみたんですが、PaperwhiteOasisのいずれも最新版でも「802.11b、802.11g互換の802.11n」までしか対応してないんですね。

Oasisは対応規格が「802.11b/g/n」という表記になっていましたが、おそらくnは互換モードではないかと。私の持っているモデルは2017年版なのですが、2.4GHz帯をオフにするとWiFiに繋がらなくなりました。

どうするか悩んだんですが、最終的に接続速度を取ることに。

少し古いルーターを残して、2台運用することも考えたんですが、Kindle PaperwhiteやOasisは現状ほとんど使っていないので、まあいいか、と。

とりあえず備忘的に。

macOS Big SurでKindleのDRM解除

<2021.05.22 追記>
気がついたらBig SurでのDRM解除が不能になっていました。。
ネットでいろいろ調べてみたのですが、どうもダメっぽいですね。
自動更新をオフにしていたはずなのに、Kindleがアップデートされてたり、Amazon側で何かしら対策があったのかもしれないです。

これを機会にDRM解除からは足を洗おうかという気もしています。
そもそもDRM解除したファイルを読むことがほとんどないですからね。。
Unlimitedについては読んで良い本なら購入すればいい気もしますし。

というわけで、タイトルに引かれてやってきた方、すみません。
気が向いたらまた調べてみることにします。

久しぶりの更新ですが、MacのOSをBig Surに切り替えたので、KindleのDRM解除について備忘的に書いておこうと思います。

結論から言うと、macOS CatalinaでKindleのDRM解除 で書いたのと、ほぼ同じ方法で対応できます。

ただ上記の記事に掲載している、Kindle for Mac 1.26のダウンロードリンクが死んでいます。なので、手元にあるKindleアプリを保存しておくなどの事前準備が必要です。

私の場合、ハードディスクを初期化してクリーンインストールしたのですが、Ver. 1.26.1のKindleアプリを別のMacからコピーして対応しました。

あとはターミナルを起動して、下記のコマンドを入力します。

sudo chmod -x /Applications/Kindle.app/Contents/MacOS/renderer-test

最後にKindleアプリで右クリックで書籍をダウンロードして、DRM解除アプリに通せばOKです。

以上、Catalinaの時とほぼ同じ手法で対応できる状況です。

ちょっと心配なのは、Kindle for Mac 1.26が入手困難というところでしょうか。いろいろ検索してみたんですが、どこにも落ちてないっぽいですね。

最新版のKindleでも対応できるのかもしれないですが、試していません。どなたか上手く行ったという方がいれば教えてください。

macOS CatalinaでKindleのDRM解除

<追記2020.4.15>
初出のepuborのブログが書き換えられて、自社製品を勧める内容に変わっているようです。同じ内容のブログが別にあるのを見つけたので、そちらのリンクを載せておきます。

http://www.ebook-converter.com/246-how-to-patch-kindle-for-mac-in-10-15-catalina.htm

また消えてしまうとあれなので、必要な情報だけ転載しておくことにします。
まず、Kindle for Mac 1.26は下記リンクからダウンロードできます。

https://s3.amazonaws.com/kindleforma…rMac-55087.dmg

掲載元はここです。

https://www.mobileread.com/forums/showthread.php?t=316847

次にターミナルを起動して、下記のコマンドを入力。

sudo chmod -x /Applications/Kindle.app/Contents/MacOS/renderer-test

あとは、Kindleアプリで右クリックで書籍をダウンロードして、DRM解除アプリに通せばOKです。

上記のターミナルコマンドを実行しないと、v1.26でもダウンロードデータが .kcr になってしまうようです。

上記コマンドを実行しておけば、Kindleアプリで本を開かない限り、.azwファイルのままになります。

なんかこの方法も一時的な対応でしかなさそうですが、とりあえず当面この方法で乗り切ろうと思います。

↓↓↓ ここから下は初出の内容です。一応残しておきます。

Catalinaから32bitアプリが使えなくなるということで、アップデートを見送ってたのですが、さすがにリリースから4ヶ月経過ということもあり、いろいろ環境移行を始めることにしました。まずはKindleのDRM解除から。

まずは、こちらのページを見ていただき。

https://jp.epubor.com/guide/remove-kindle-drm-on-mac-os-catalina/

DRM解除ソフトを出しているepuborのサイト記事です。

ここに書いてあるとおりにやれば万事OKなんですが、ちょっとだけわかりにくい部分があるので補足です。

まずページ内にある、Kindle for Mac 1.26のダウンロードリンクを叩いて、v1.26をダウンロード、インストールします。

その後、ほぼおまじないですが、ターミナルを起動して、記載されているコマンドをコピペ、Macのログインパスワードを入力します。

完了したらターミナルを終了して、Kindleアプリを起動します。

Amazonアカウントを設定して、購入本を同期します。

この次が肝心なのですが、本のデータをダウンロードする場合は、右クリックで「ダウンロード」を選択します。

これまではダブルクリックでダウンロードでも問題なかったのですが、Kindleアプリで書籍を開いてしまうと、azwファイルがkcrファイルにコンバートされてしまい、epuborアプリでDRM解除できなくなるようです。

この点だけ注意すれば、Mojaveの時と同様、epuborアプリでDRM解除、CalibreでepubファイルもしくはZIPファイルへの変換が可能になります。

まあこれまでも書いてますが、Kindle本のバックアップと、Kindle Unlimited本のバックアアップが不要であれば、こんなことやる必要もないのですが。

とりあえず、KindleのDRM解除についてはクリアできたので、備忘のために記事を書いておきます。